06/22/14 作品更新−晩春の暑い日々



 本館 Gallery に新作をアップした。晩春の暑い日をテーマにした作品だ。ホントのところを言うと、昔懐かしい戦士シリーズでも作ろうかと制作し始めたのだが、前回記した「Autumn White Birch」という木にまつわるトラブルから、途中で嫌になって投げ出してしまった。そこで、作り始めてそのまま放置していた別の作品に手を加えて、めでたく今回の作品となったわけだ。そうした経緯で出来た作品なので、気合の入り方が今イチな気がする(作者がそう言っちゃあおしまいだが…)。

 5月の終わりから6月の初めにかけて、ひととき30度超えの暑い日が続いた。あの週末は二日とも外出していたのだが、夏かと思うほどの日差しで、水分補給なしには歩いていられないほどだった。ニュースでは、熱中症で救急搬送される人が相次いだと報じられていたが、さもありなんと感じる程の暑さだった。

 東京も暑かったが、北海道はそれを上回る暑さだったようで、34度なんていう記録的な猛暑となったところもあったという。北海道出身者に聞くと、場所によっては家にクーラーないのが当たり前みたいな町もあるようなので、そこに持って来て5月の終わりから34度じゃあ、たまったものではなかったろう。

 実はその少し前、5月の中旬に札幌に出張に行っていた。現地の人から「まさに桜が散ったばっかりで、あと2、3日早ければ花見も出来たのにねぇ」なんて言われたものだ。少し郊外に出ると新緑の季節で、まだ枯れ木もあった。東京で言えば、4月の初めといった感覚だろうか。あれからわずか2週間ほどで34度って、まさに狂気の沙汰である。

 その猛暑が明けたと思ったらいきなり梅雨になったが、シトシト雨の降る梅雨のイメージとは異なり、冒頭からいきなりの大雨で、各地で平年の6月一ヶ月分の雨が一瞬で降ったという。いくら何でも無茶な降り方で、土砂崩れや川の氾濫を報じるニュースを連日見た。東京でも、もうやむかと思ったら再び勢いを増して降ったりして、いつまでもやまない雨に、よくもまぁ、これだけの雨が蓄えてあるもんだと感心して空を見上げた記憶がある。

 今に始まったことではないが、どうも天候がバイオレントである。昔の日本は、もう少し四季の移り変わりがハッキリしていて、春と秋が長く、おだやかな天候が続いていたように思う。当時は春と秋の「行楽日和」という表現がいきていたが、今では冬が終わったと思ったらすぐに夏が来て、暑いか寒いかの二者選択になってしまった。四季じゃなくて、雨季と乾季の熱帯気候だ。

 私は景観作品を作るときには、それなりに時々の季節感を考えながら制作しているつもりだが、こう気候が無茶苦茶では、感覚が狂ってしまう。今回の作品も多少その気があるが、そのうち春とか秋の景色を題材にした作品が出来なくなるかもしれないなぁ(笑)。まぁこれが笑いごとで済むうちはいいのだが…。


06/07/14 Vueでまたまたトラブル



 以前からぼやいていることだが、我がパソコンを新調してOSを64bit版のWindows8に変えてから、VueやPoserの挙動がどうもおかしい。

 これまでも色々トラブルについて書いて来たから、もう不具合も出尽くしただろうと思っていたのだが、つい最近になって、またもや見つけてしまった。今回おかしいのは、Vueの植生の一部である。

 最近あまり使っていなかったのだが、Cornucopia3Dからの古い買い物で、「Autumn White Birch」という木を持っている。Vueをやり始めた頃に買ったもので、初期の作品にはよく使っていた。

 今日は一日雨だったので、Vueでもいじろうかと立ち上げて、作品を作り始めた。紅葉の木が画面に欲しくなり、そういえば「Autumn White Birch」は黄色く葉が色づいていた木だったなぁと思い出し、植生画面から読み込もうとしたら「読めません」のエラー表示がポップアップした。おかしいなぁと思い再度チャレンジするも失敗。Vueを再起動してみても結果は同じだった。

 最初は、何かの拍子にファイルが壊れたのだろうと思った。幸い購入時にダウンロードしたファイルはまだ残してあるので、保存先のフォルダを探し出し、再度この木をVue6 Infiniteにインストールし直した。しかし、それでも読めない。

 次なる手として、Cornucopia3Dからファイルを再度ダウンロードしようとも考えたが、確かあれにはダウンロードの回数制限があったはずだ。しかも、操作を誤ってポチってしまったことがあったので、あと1、2回しかダウンロード権が残っていなかったことを思い出した。ここで実験的にダウンロード権を使ってしまい、その挙句に何ら改善が見られないとすれば、こんな悲しいことはない。試してみたい衝動はあったが、ここはグッと我慢して断念。

 さとどうしたものかと思案している最中に、ほぼ同時期に買った他の木のことを思い出した。あれが読めるかどうか試してみる価値はある。そこで「Broad Leaf Straight Trunk」と「Bulky Conifer」を読み込んでみたのだが、「Autumn White Birch」と同様のエラーメッセージが出るばかり。この2つも、当時ダウンロードしたファイルをそのまま取ってあるので、保存フォルダから再インストールしたが、結果は同じだった。

 いずれの木もVue6 Infiniteで何度も使って来たので、今さらこれが使えない種類のファイルだなんてことは考えにくい。だとすると、現在の64bit版のWindows8が影響しているのだろうか。そこでふと思い出した。これらの木はVue5 Espritでも使っていた。仮にOSの変更が原因なら、Vue5 Espritでもこれらの木は読み込めないはずだ。

 ところが、Vue5 Espritではこれらの木はいずれも、きちんと画面に読み込めるのである。そのときにレンダリングしてみたのが上の絵なのだが、木の形もテクスチャも何ら問題なく以前のままである。Windows8が悪さをしているのなら、Vue5 Espritでも同じ結果になるはずなのに、どうしたことだ。

 試しに、比較的古くに購入した他の植物オブジェクトをVue6 Infiniteで読み込んでみたのだが、特に問題はない。もちろんVue6 Infiniteに最初から組み込まれている植物オブジェクトも正しく読み込まれる。結局は、「Autumn White Birch」「Broad Leaf Straight Trunk」「Bulky Conifer」の3つについてだけ、Vue6 Infiniteで読み込もうとするとエラーが出ることが分かった。

 これまでも書いて来たことだが、この種の不具合はこれだけではないし、過去もトラブルの原因究明が失敗に終わっているので、これ以上やっても時間の無駄だろうと思って、今回はあっさり諦めた。この種のトラブルは「諦めが肝心」というのが、失敗から得た唯一の教訓だ(笑)。

 こういう不具合が、ボディーブローのようにジワジワと作品制作に向けての気力を削いでいることは間違いない。今日もここまでの結論を得るために色々試しているうちに嫌気がさして、作品制作はやめてしまった。以前に試してみてVue 2014 にはいい加減うんざりしたわけだが、いつの日かアップグレードは避けて通れない道なのかもしれないと改めて思い知らされた出来事だった。


(C) Stardust Crossing. All rights reserved.